食物から摂取したブドウ糖を分解

大きな自覚症状が出たときには、既にかなり進行していたり、生命の危険がある合併症を発症しているケースも少なくありません。ですが、全く何も症状がないというわけではありませんから、小さな変化でも見逃さずに糖尿病を疑い、健康診断を受けることをオススメします。日本人の大半は、生活習慣に乱れが生じており、老若男女誰でも糖尿病の可能性があるからです。では、具体的にどんな兆候が見られるでしょう?よく言われているのは、喉の渇きです。特に運動しているわけでもないのに、以前より喉が乾くようになった。無意識に水分摂取量が増えていた。そのためにトイレに行く回数が増えたり、一回の尿の量が増えたり・・・。これらは全て、血液中の糖分が増えるために起こる症状です。また、糖分をエネルギーに変換することができなくなるために疲れやすくなったり、だるさが取れなかったり、持久力が落ちたりします。同じ理由から、立ちくらみなどの症状を訴える方もいるのです。そして、今まで通り食べているのに体重が落ちるというケースもあります。症状が進んでくると、目が霞んだり、手足のしびれを感じることもあり、女性の場合は月経異常、男性の場合はインポテンツといった症状が現れることもあるでしょう。体内でブドウ糖を分解するインスリンが、元々体内にない(またはほとんどない)ために、ブドウ糖が過剰に血液中に流れてしまい、尿にも糖が出るという糖尿病です。インスリンは膵臓で作られるのですが、遺伝的要因やウィルス感染などによって、インスリンの製造ができない(またはほとんどできない)ために、食物から摂取したブドウ糖を分解できません。つまり、どんなに食べても栄養補給ができない状態ですから、肥満よりむしろ痩せている人が多いのが特徴です。