赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がる

葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。
葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素なんですよね。
普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事での摂取が辛い時もありますよね。
そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、葉酸サプリメントに切り替えることで不足した葉酸を確実に補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。
今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性はご家庭での普段通りの食事に加え、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省によって勧告されています。
葉酸を十分に摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。
葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。その場合には赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことがポイントです。妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。普段の食事で得られる量ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも販売されています。
このようなサプリを飲めば不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。
では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。
胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも大丈夫です。
でも、葉酸には身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで身体を健康的に保つことをおススメします。
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、日々の生活に追われていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが出てくる方が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です